2005年10月18日火曜日

新番組シーズンやね2

鬼嫁日記」を見た。
見始めたのは先週(第一話)からなんだけどね。
このドラマ、アットホーム・ダッドとリンクしてんだね。
あのドラマと同じ街に越してきたという設定で、アットホーム・ダッドでも登場していた永井大と滝沢沙織は話の続きを演じるということ感じです。
どうやらプロデューサー(安藤和久)と脚本家(尾崎将也)が同じみたいですね。
それでなのでしょうか、地元では現在アットホーム・ダッドの再放送をしています。

しかしこのドラマ、アットホーム・ダッドの時にあった感動がない。
観月ありさが話の見せ場で一言言うシーンがあったりするのですが、ちっともいい言葉じゃない(BGMも台無し)
むしろ理不尽な感がある。
普通のドラマだったら理解しあって、めでたく終わる所なのですが・・。
さすが鬼嫁といったところでしょうか。

いや、もしかしたら世の奥様方には好評なのか!?

あ、ちなみに原作(っていうか元ネタの人)はこちら(実録鬼嫁日記)