2006年1月9日月曜日

複合機が来た


夕方にふと起きて、髪が伸びてきたから髪を切る。
たまには運動しないと・・・
ってなわけで近所を散歩。
散歩ついでにぶらっと寄った電機屋でPM-A950を買いました。
これを歩いて持って帰ったんですが、すごい重かったです。
さすが複合機。スキャナまで付いてるんですもんねぇ。

家に帰って早速使ってみました。
箱を空けてまず「お?」と思ったのがデザイン。
シルバーとブラックのデザインといったらEPSONよりCanonのイメージがあったので、「お?EPSONさんイメチェン?」って思いましたね。
あと大きさ。店ではあまり大きく感じなかったけど、実際家に置いてみれば大きく感じますね。これは最近のテレビ購入時に感じることと同じことでしょうけど。
私の家はプリンタとスキャナが両方あるので、それを取っ払えば問題ないんですけどね。

使って良いと思ったのはパソコン要らずの所。
デジカメのメモリーカードをPM-A950に挿して液晶を見ながら操作するだけで簡単に写真を印刷することができる。
コンビニやカメラ屋の操作と同じ感じ。5ステップくらい。
コピー機でやるようなコピーもパソコンなしでできる。一般的なスキャナの性能なんて・・・って思いましたが、普通にコピー機として利用出来るほどです。
あと感動したのが手書き合成機能
撮った写真に手書きのメッセージや絵を描いて印刷するのもパソコン要らずなのですよ。

とはいえ不満点もあります。
液晶操作のキー反応速度です。ボタンを押して液晶画面に反応があるまで0.5秒くらい時間差があります。
CanonのPIXUS MP950はボタンを押してからの反応は0.1秒くらいです。
MP950の方が反応速いし、価格も安いし、両面印刷できるというのはあったんですが、手書き合成の遊び心だけでEPSONを選んじゃいました。