2006年3月20日月曜日

二日酔いと西遊記の話

土曜日に地元でお酒を飲んだんですよ。
ビールとか焼酎とか飲みすぎましてね。
昨日は頭が痛いし気持ち悪いしでホームページの更新どころじゃなかったですよ。
普段はここまで悪くならないんですけどね。
酔った状態でリッジレーサー6をやったのが原因かな。
これって飲酒運転?

たった今、西遊記の最終回見ました。
すごい面白くなかったです。
あんなに面白くない演出と脚本を作るのは逆に難しいのではと感じました。
人一人簡単にすり抜けられる荒い柵とか美術は何も疑問に思わなかったのかな。
キン斗雲で天竺には行けない設定かと思ったら簡単に行けるし。
豪華なBGMで、長々と過去の妖怪たちをふり返るシーンがあったのですが、あれは
『コレだけの妖怪と死闘を繰り広げてようやく辿り着いた。がんばったな』
ということが言いたいのでしょうか。私には
『コレだけの芸能人がゲスト出演してくれました。まさに月9ドラマにふさわしい豪華なドラマです』
という風に見えましたよ。ちょっと卑屈ですね。すみません。
過去の「西遊記」のイメージと比較せず、一ドラマとして見ても私には良かったとは言えませんね。

などと言いつつ・・本当は演出とかストーリー崩壊云々言うほうがダメなんでしょうね。ついついこういう考えをしてしまうもので。
そういう堅いことは抜きにして、「最後まで人は生きることが大事」ということを伝えようとしたのはわかりました。
天竺でお偉いさんにたて突いて三蔵法師に生きることが大事と諭した孫悟空がそれですね。
ああ、私も捻くれた人間になったもんだ。