2006年4月10日月曜日

SATAでRAID1の環境


恋のダウンロ~ド~ 二人はRAID(レイド)~
ということで、HDDを2つ付けてRAID1の環境にしました。

RAID1とは・・別名ミラーリングといって、二つのHDDに同じ内容を書き込む仕組み。長所は一方のHDDが故障しても容易に復旧できること。

RAID1の導入動機は別にたいしたことではないですよ。
最近のHDDは大容量すぎる。ってそれはビデオも写真も音楽も何でもかんでもデータ化された世の中なので仕方がない。
中には大事な思い出、何かしら活動をする上で必要になってくるものもある。
そんな中、HDDが故障したら洒落にならない。
"その時"に備えてマメにDVD何かでバックアップを取るという方法もあるけれど、
時間とお金と部屋の収納スペースがもったいない。
そういえばマザーボードにSATAのRAIDコントローラーがあるじゃないかということで。

でも実際買ったものはHDDではなくて、SATA II ホットプラグ・3Gbps・NCQ 対応リムーバブルケースというものです。
HDDを5インチベイに装着し、ケースを開けなくても引き出して交換できるもの。
HDDは既にIDE(ATA133)の200GBを二つ持っていましたので。
今回買ったケースには、IDE->SATA変換トレイが付いてたので、何の問題もなく接続できました。

マザーボードに付いているRAIDコントローラーは何となく不安なので、
お金に余裕が出たらホットスワップに対応し、高速で信頼性のあるAdaptec Serial ATA II RAID 1420SAでも買いたいな~。