このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年7月3日月曜日

DivX Web Playerっていいね


最近Webでの動画配信といえばOn2 VP6を使ったFlashVideoが流行ってますね。
あの圧縮率と画質、デコード速度は魅力です。
普及率の高いFlashPlayerで再生できるのもまた魅力。
そんな理由で当サイトも採用しているのですが、不満点もあります。

ローカルで再生するにはAVIが都合がいいんです(対応ソフトが豊富ですし)
On2 VP6はエンコードに時間がかかるんです。
On2 VP6は家電のユニバーサルプレイヤーでは対応してません。
DivXあたりのコーデックなら対応してるんですけどねー。
DivXならエンコード速度も速いんだけどなー。
前にライセンス買ったしさ。

え?今はDivX動画をインライン表示できるプレイヤーがあるの?
ということで、今さらDivX Web Playerの存在を知りました。いやーお恥ずかしい。
ちょっと試してみました。

1.普段通り、元動画をaviutl使ってエンコード。
2.DivX Web Player Code Generatorでファイルへのパス、縦横サイズを入力。
3.出てきたタグを元にHTMLを作成。

超簡単。
ただし注意。120fpsの動画はフリーズします。
当サイトでは(プラグイン普及率を考えて)採用しませんが、
家族内で高品質な動画を共有する際に使ってみようと思います。

ちなみにDivXのサイトではDivX Web Playerを使った動画配信もやってます。