2006年9月25日月曜日

PlayStationのBIOSを吸い出す


Emu on PSP v1.50 + v2.00さんを覗いてみるとPSP上で動作するPSエミュレーター、PSX-P アルファ版リリース!とありました。
これは面白そう。是非やってみたい。
けれど動かすためにはPlayStation実機を買ってBIOSを吸い出さないといけないようです。

ということで吸い出してみました。用意したのは
PlayStation SCPH7000
ProActionReplay 3.1(以後 PAR3)
25pinのRS-232Cケーブル(オス-メス)
AR3READ.EXEというツール.

IRREGULAR CHILDさんを参考にさせてもらいました。
1.PlayStationとPAR3を接続
2.PAR3とパソコンをRS-232Cケーブルで繋ぐ。
3.PlayStationの電源を入れる(この時既にパソコンではWindowsが起動している)
4.PlayStationでPAR3のメニューが出ているのを確認
5.何か適当なゲームソフトをPlayStationにセット
6.PAR3メニューからゲームをロードさせる
7.パソコンのコマンドプロンプトで『AR3READ.exe SCPH7000.BIN BFC00000 80000』を実行。

『BFC00000 to BFC7FFFF > [SCPH7000.BIN], Using LPT1.
Done.』
とか出て「SCPH7000.BIN」というBIOSファイルが作成されました。

さて、PSX-Pを試そうかな。