2006年10月22日日曜日

造形集団 海洋堂の軌跡展 へ行ってきました


広島市現代美術館でやっている造形集団 海洋堂の軌跡展 へ行ってきました。
海洋堂の歴史や、これまでの作品の数々が展示されていて、面白かったですよ。

美術館に入ったらまず北斗の拳のケンシロウが登場。等身大なのかな?大きかったです。
受付でチケット(1030円)を見せて、いざ展覧会へ。
(展覧会から撮影禁止です)

まず食玩コーナーがありました。
チョコエッグや深海生物シリーズは私も集めていたクチなので、懐かしかったです。
実際に玩具(フィギュア、ヴィネット)が入っていたお菓子なんかも展示されていました。
あとここには大きくて迫力のある大魔神やティラノサウルスも置いてありましたね。

次にフィギュアが出来るまでの過程が説明されている場所があります。
造型 -> 型取り -> 複製 -> 塗装
といった所でしょうか。見てて気の遠くなる作業でした。

次に海洋堂の歴史
海洋堂の年譜、昔の写真、あとちょっと古い作品(ローマの軍船、ゴジラや仮面ライダー)がいくつか展示されています。
海洋堂のプラモデルへ混める情熱がわかります。

次は比較的新しい作品集
大きなキャラクターフィギュアなんかもありましたよ。
あとワンダーショウケースなるコーナーもありましたよ。
何かココはすごかったです。言葉で表すのは難しいのですが、
家電屋で例えると、高級オーディオコーナーみたいな。そんな感じ。

最後に造型師別の作品集。
やはり作る人によって個性が出るもんだなって感じました。
全部素晴らしい作品ばかりなんですが、個人的には松村しのぶ氏に惚れましたね。
この人が作る動物は今にも動き出しそうだし、造る前に紙にデッサンを
描いたりしてるようなんですが、それがまた細かいんですよね。

いやー勉強になりました。