2007年9月24日月曜日

Xbox360を修理に出しました

いいかげん部屋に放置してあるXbox360本体が不憫に思えてきたので修理に出しました。
(サポートへ電話をしたのは今日の話ではないです)

1.まず【フォトレポート】Xbox 360が静止した日(ASCII)を読んで予習しておく。
これが大変役にたちました。ほとんどこの記事に書かれている通りのサポート内容でした。
ASCII 編集部 飯塚さん本当にありがとう。

2.ということで本体の状態・情報をチェックする
* どういう状況で止まってしまうのか
* 起動してからどれくらいで止まってしまうのか
* 止まったあとは赤いリングが点灯するのか
* 360起動中のACアダプターのランプは緑か赤か
* 本体後ろに貼ってあるシールに記載されているシリアル番号をメモ
* 箱を準備(送る時に必要)


3.サポートに連絡
私は携帯電話からだったので「03-3570-8261」へ電話しました。
電話をするとまず機械が相手をします。
『Xbox360本体に関することは 1を・・・
Xbox Liveに関することは 2を・・・
旧Xbox本体に関することは 3を押してください』みたいな感じのアナウンスがあるんです。
最終的にXbox360本体故障に関するサポート担当者に繋がるまで10分程度かかりました。

4.質問事項に答える
サポート担当者慣れているみたい&こちらも準備をしていることとあって、話はスムーズに進みました。
会話は大体こんな感じ

私『電源を入れたところ、電源部のLEDが3/4ほど赤色に点滅した状態でTV画面には何も表示されず、止まった状態になるんです』

サポート「はい、それでは本体裏側にあるAVケーブルを抜き、またしっかり挿した状態にした場合はいかがでしょうか?」

私『(無理だと思いつつも試してみる) 回復しません』

サポート「はい、ありがとうございます。それでは電源を入れても動かない状態の時、ACアダプタのランプの色は何色でしょうか?」

私『緑色です。 電源が入っていない時はオレンジ色で、電源を入れると緑色になります』

サポート「それは本体電源スイッチが赤色く点滅している場合もACアダプタのランプは緑色ということでしょうか?」

私『はい』

サポート「ありがとうございます。Xbox360本体が何らかの原因で故障したものと思われます。
今回この故障に関してはマイクロソフトが3年間無償で修理させて頂いております。
次にお客様のXbox360本体に記載されているシリアル番号を教えて頂けますか?」

(中略。シリアル番号を伝える。住所や連絡先を教える。
次に本体を着払いで送るか、向こうから取りに来てもらうかを選ぶ。私は取りに来てもらう方法を取った)

サポート「はい、それではXbox360の箱の方はございますか?」

私『はい、あります』

サポート「それではその箱にXbox360本体を入れてお待ちください。
お客様の方でご用意していただくものは本体と箱のみでお願いします。
本体はHDDを外した状態でお願いします。
ACアダプタ及びAVケーブルは外し、お客様の方で保管をお願いします」

(以下略)

という風な感じのやり取りでした。
本体からHDDを取り外した状態にして送るというのを 正直向こうから言ってくるとは思いませんでした。

後は本体を箱に入れて待つだけ。
箱はテープや紐でぐるぐる巻きにするとかいう細工は必要ありません。
取りに来た運送業者が立派な梱包キットを持ってきて上手いことやってくれるからです。

いやー素敵な対応でしたよ、マイクロソフトさん。(壊れなければ一番素敵なのですが)
修理は3週間程度かかるようです。楽しみだ。