2008年5月17日土曜日

WindowsMediaPlayer11のライブラリにmp4を追加する


(モザイク加工はわざとです)

PS3やXbox360はDLNAという技術で、パソコンに入っている音楽や動画が再生できます。
この場合パソコンにDLNAサーバーとなるソフトが必要なんですが、
Vistaでは標準でついてくるWindows Media Player 11(以下WMP11)がその機能を持っています(XPにもインストール可能)
しかしこのWMP11はmp4ファイルをライブラリに追加することができないんですよ。
他のソフト(TVersityなど)では可能なのですが、インターフェイスはWMP11が一番使いやすいんですよね。それだけに残念。
○○.mp4.wmvというように拡張子を誤魔化す方法もあるけど、それはちょっと気持ち悪いし面倒くさい。
探してみたらありましたよ。mp4ファイルをライブラリに追加してDLNAで共有する方法。

参考:DLNAでmp4ファイルの再生 for PS3(ゆったりとまったりと)

簡単に自分がやった方法を覚書
1.K-Lite Mega Codec Packをダウンロード&インストール
必要なツールやコーデックの多くがこれでインストールできるから
2.WMP Tag Support Extenderをダウンロード&インストール
3.DirectShow Filter Toolをダウンロード&起動
4.Haali Media Splitterのメリット値をffdshowよりも大きくする
5.参考リンク内の「mp4-import.reg」を反映
レジストリを改変することになります。自己責任のもとに行ってください。
これでOK。

WMP Tag Support Extenderを入れただけでもライブラリに追加出来るんだけど、その場合はオーディオファイルとして認識されました。