2008年12月22日月曜日

PxVC1100でtsをMP4(H.264/AVC)に変換 第二版 part.1

相変わらずのネタでごめんなさい。たぶんPxVC1100ネタはこれとpart.2で終わりにします。

用意するものカッコ内は今回私が使用したバージョン
WinFast PxVC1100(当たり前)
Ulead DVD MovieWriter5 (PxVC1100バンドル版)
CRI SpursCoder(1.00)
DGIndex(1.5.3)
AviSynth(2.5.7)
MP4Box(0.4.5-dev_20081101)
FakeAacWav(0.20)
AviUtl(0.99g) + AviSynth Script エクスポートプラグイン(1.3)
携帯動画変換君(0.34)
(※下の三つは必須ではないけど、あると便利)

インストール
1.AviSynthをインストール
2.DGIndex,携帯動画変換君,AviUtlを適当な所に展開
3.DGIndexのDGDecode.dllをAviSynthのプラグインフォルダにコピー
デフォルトだと「C:\Program Files\AviSynth 2.5\plugins」
4.携帯動画変換君のcoresフォルダCRI SpursCoderMP4BoxFakeAacWavを展開
あと「C:\Program Files\Common Files\Ulead Systems\Mpeg」にある
candi.dllspecdc_trans2.ssbもコピーする
5.AviSynth Script エクスポートプラグインをAviUtlと同じフォルダに展開


携帯動画変換君の設定ファイルを書く
携帯動画変換君のdefault_settingフォルダTranscoding_CriSpursCoder.iniというテキストを作成。
内容は次のものをコピー&ペースト。
[Info]
Title=CriSpursCoderでMP4ファイル
TitleE=MP4 use CriSpursCoder
Description=CriSpursCoderで動画をエンコード。aacソースの疑似wavをfawでaacに変換。mp4boxでビルド。別の方法でaacファイルを既に作った場合は(FAW使用しない)を選んでください。投げるファイルと音のファイル名は同じにしてください。
DescriptionE=MP4 is made by using CriSpursCoder.

[Item0]
Title=MP4 地デジ1440x1080/29.97fps/6mbps(FAW使用)
TitleE=MP4 1440x1080/29.97fps/6mbps(use FAW)
Command0=""<%AppPath%>\cores\CriSpursCoder.exe" -in="<%InputFile%>" -out="<%OutputFile%>.264" -mbps=6 -yuv=raw420"
Command1=""<%AppPath%>\cores\faw.exe" "<%OutputFile%>.wav" "<%OutputFile%>.aac""
Command2=""<%AppPath%>\cores\mp4box.exe" -add "<%OutputFile%>.264:fps=29.97:par=4:3" -cat "<%OutputFile%>.aac" -new "<%OutputFile%>.mp4""

[Item1]
Title=MP4 1920x1080/29.97fps/6mbps(FAW使用)
TitleE=MP4 1920x1080/29.97fps/6mbps(use FAW)
Command0=""<%AppPath%>\cores\CriSpursCoder.exe" -in="<%InputFile%>" -out="<%OutputFile%>.264" -mbps=6 -yuv=raw420"
Command1=""<%AppPath%>\cores\faw.exe" "<%OutputFile%>.wav" "<%OutputFile%>.aac""
Command2=""<%AppPath%>\cores\mp4box.exe" -add "<%OutputFile%>.264:fps=29.97:par=1:1" -cat "<%OutputFile%>.aac" -new "<%OutputFile%>.mp4""

[Item2]
Title=MP4 地デジ1440x1080/29.97fps/6mbps(FAW使用しない)
TitleE=MP4 1440x1080/29.97fps/6mbps(not use FAW)
Command0=""<%AppPath%>\cores\CriSpursCoder.exe" -in="<%InputFile%>" -out="<%OutputFile%>.264" -mbps=6 -yuv=raw420"
Command1=""<%AppPath%>\cores\mp4box.exe" -add "<%OutputFile%>.264:fps=29.97:par=4:3" -cat "<%OutputFile%>.aac" -new "<%OutputFile%>.mp4""

[Item3]
Title=MP4 1920x1080/29.97fps/6mbps(FAW使用しない)
TitleE=MP4 1920x1080/29.97fps/6mbps(not use FAW)
Command0=""<%AppPath%>\cores\CriSpursCoder.exe" -in="<%InputFile%>" -out="<%OutputFile%>.264" -mbps=6 -yuv=raw420"
Command1=""<%AppPath%>\cores\mp4box.exe" -add "<%OutputFile%>.264:fps=29.97:par=1:1" -cat "<%OutputFile%>.aac" -new "<%OutputFile%>.mp4""
※ビットレートやフレームレートは好みに合わせて変更してください。

携帯動画変換君の設定を適用する
携帯動画変換君のSetup.exeを実行。
「CriSpursCoderでMP4ファイル」を選択し、[設定]ボタンを押す

AviSynthエクスポートプラグイン用テンプレートを書く
次のようなAviSynthスクリプトをメモ帳等で書き、どこかに保存しておく。
LoadPlugin("C:\Program Files\AviSynth 2.5\plugins\DGDecode.dll")
DGDecode_MPEG2Source("%V")
%t
※AviSynthに詳しい人は自分好みにフィルタを書いちゃってください。

これで準備完了。
part.2では使い方を動画で紹介します。