2008年12月4日木曜日

WinFast PxVC 1100を入手


東芝のメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載した、
WinFast PxVC1100(以下 PxVC1100)というトランスコーダをゲット。
これで録画ライフが楽になると思っていました。

エンコードする時はPxVC1100に対応したソフトを使わないと効果は得られないということなので、
早速バンドルされているソフト、Ulead DVD MovieWriter5をインストールして使ってみました。

このソフトには既存の映像を高解像度な映像にエクスポートするという機能があります。
しかし、この機能を使って変換できるのは元映像がMPEG/MPEG2のみ。
しかも少しでも編集(カットや音の差換え)を加えたら無効。
H264でエクスポートしてもMPEG形式に収まる感じで出てくる(中はH.264)
デジタル放送のTSファイルを読ませてもaacに対応していないからか、音が出ないし。
私にとっては使えないソフトでした・・・。

私がやりたかったことは
TSで録画したTVの映像をMP4(H.264/AVC)に変換。
ゲーム機などの機器で視聴できる形に変換するというものでした。
所詮はトランスコーダか・・・

と思ったら、CRI SpursCoderの登場のおかげで出来るようになりました。
これについては次に書きます。