2009年1月24日土曜日

SpursEngineの超解像処理を試した


SpursEngine用カードのSDK公開の時にダウンロード出来ていたので超解像処理とやらを試してみました。
使用した動画はSDKに入ってたサンプル動画です。
私ののOSはVista x64なので、プラグインのインストールバッチ(install.bat)の16行目を次のように変更
reg add "HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\SE1000DirectShowDecodeFilterForWMPTutorial" /t REG_DWORD /v RunMode /d 1 /f

これをやらないとWindows Media Playerがフリーズしました。

正直な感想、「言われてみるとクッキリしたような・・でもあんまり変わらないなー」といった感じ。
私のモニタの解像度は1920x1080以下ですし、上の比較画像は縮小しているので、
「そりゃあんま意味ないだろう」
と言われそうですが。

参考:【SpursEngine】 WinFast PxVC1100【cell】 Part2 (2ちゃんねる)