2009年10月9日金曜日

しんぼる観てきた


今更ながら松本人志監督の「しんぼる」を観てきました。
お客さんが私を含めて8人と少なかったです(^^;)

映画の感想ですが、93分の内、1時間は退屈でした。
ま~声が出るほど笑う所はちょいちょいあったんですけどね。
でもほとんど溜息が出るほど退屈でした。

最後オチが「え~・・」
っていうか、
振り返ってみると全体的に「ぇぇ~・・」って感じで
「いいのかな。これでいいのかな?天才が考えることはわからん」
と、わけのわからん感想でした。

家に帰って前田有一さんの超映画批評を見てちょっと納得。
私が思っていることが全部書いてありました。
そう、これは へんな映画

前作「大日本人」を観ていなかったので、映画監督としての松本人志の予備知識が全く無かった。
だから今回ちょっとショックが大きかったです。