2010年4月15日木曜日

屋上ミサイル 読み終わり


第7回 宝島社「このミステリーがすごい!」の大賞に選ばれた本です。
キャラクタがユニークで、そこは面白かったんですけど、
後半は前半の伏線を回収するのに忙しくて一部の人物の個性が
あまり生きてなかったんじゃないかなって思った。

どこかのコラムニストは
『前半の複線が綺麗にはまってくる後半に随所で感心』
と書いてたけど、そうでもないんじゃないって印象だった。
いや、はまったことにははまったか。
ただ意外性に欠けた感じで新鮮味がなかった。

登場人物の会話は面白い。うん。これは終始そう感じながら読んでいた。