2011年2月1日火曜日

映像配信について


興味本位でニコニコ生放送をやっています。
ニコニコ生放送とは、ニコニコ動画が提供する生中継動画配信サービスのことです。
似たようなのでUstreamとかツイキャスがありますね。

最初は上手く映像や音声が流れませんでした。
特にハウリング(音のループ)には悩まされました。
ほとんどの場合、配線の問題ですね。ということで自分への覚書のために配線図を載せておきます。
自分用なので分かりづらい図かもしれません。

ここでの例はネットの向こうの友人と会話をしながら、
その会話とゲームの映像・音を配信するというものです。

Flash Media Live Encoderの設定は
[Video]
Format : VP6
Keyframe Frequency : 5 seconds
Quality : Avg Quality -GreatFramerate
Noise Reduction : None
Datarate Window : Medium
CPU Usage : Dedicated
Frame Rate : 29.97fps
Input Size : 640x360
Bit Rate : 352Kbps
Output Size : 512x288

[Audio]
Format : MP3
Channel : Mono
SampleRate : 22050Hz
Bitrate : 32Kbps

この設定調整が難しいんですよね。
ニコニコ生放送は映像・音声あわせて最大384kbps。Ustreamと違って低ビットレートでの配信です。
ここの調整が上手く行くと綺麗な映像で配信できたりします。
配信する映像によって設定値を調整しなくてはいけません(動きがある映像か、色が多いかで違ってきます)
でも経験上、上のように設定してはそれなりにOKかな。
あと低スペックなマシンの人は入力映像・出力映像のプレビューを切っておいた方がいいです。