2011年4月20日水曜日

4コマ漫画 薄命少女 を読んでみた


4コマ漫画が読みたい
という理由でネットで探したらこの漫画が面白そうだった。

『余命1年を宣告された1人の少女とその父の悲しくも愉快な日々を描く、生と死と笑いの物語。』

しかし内容は少女の余命1年をギャグのように扱っている。
ブラックジョークの効いた漫画になっています。

しかし最期は・・。

人の死を扱うと言い方は悪いですが、多少の感動ストーリーが生まれます。卑怯と言われることもありますね。
この漫画は短い話だし、病名が明かされなかったりと不満点がありますが、
少女だけでなく、周りの人々の暖かさや彼・彼女達の物語まで見えるので私は好きでした。

それと上でも書きましたが、基本ブラックジョーク。
そして病気の発作とか死の予兆はありません。しかし終わりまで読むと決して軽い話ではないんですよね。
そのギャップがよかった。

(しかしこの漫画を書店で探すのは苦労した。Amazonで買えば確実に買えたけど、すぐ買って読みたかったのです)