2012年9月7日金曜日

個人で作る放送機材2

久しぶりの更新となりました。いかがお過ごしでしょうか。
私といえばLiveShell PROが発表されてテンションが上がっているのですが、
今年はiPhone5も買わないといけないから苦しいな~と思う日々を過ごしています。

さて、前回LiveShellとカメラを繋げば、それだけでコンパクトな放送環境ができるぜ!的なことを書きました。
しかし昨今多いロードバイク・クロスバイクツーリングする人は、ハンディカムなんか場所を取ったり重いものはマウントさせたくないですよね。
ということで買って来ました。GoPro HD HERO。

とりあえずは公式サイトの動画を見てみてください。。。(笑)
http://bonsaimoto.jp/gopro/

超小さいカメラですが、画質は良いですし本体もしっかりしています。
広角レンズでスポーツ撮影には適しているかと。
それにクルマや自転車、ヘルメット、サーフィンボードに取り付けるためのアイテムがあったり(別売)
防水・防塵ケースが付いてたりするので安心です(後で説明しますが、私の場合このケースに穴をあけているのでこのへんは意味ないです)

私は配信目的で購入したので、すぐさま防水・防塵ケースに穴をあけました。
場所はHDMI端子とUSB端子の部分。
 そんなこんなで自分は...
  1. GoProHD HEROの画面設定を480p(WVGA)にする
    LiveShellが480p信号がないとダメっぽいので
  2. LiveShellとWiMAXを接続、Ustreamで配信する設定
  3. iPhoneの地図を見ながら走りだす
てな感じで走りながらUstream配信しています(公開はしてません)
バッテリは2.5時間しかもたないのですが、USBから充電できるので、バッテリの残量がヤバイ時はエネループなどの充電器を使ってやれば安心です。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿