2014年5月30日金曜日

iPhoneをQi (ワイヤレス給電)に対応にさせる

先日ブログで書いた通り、私のiPhoneケースはLIFEPROOFです。
風呂の中でも、突然のゲリラ豪雨に遭っても快適に使えております。
しかしそんな堅牢なiPhoneケースも充電時はLightningケーブルを繋ぐため、差し口にあるカバーを開かなければいけません。
これが手間であると同時に、開閉を繰り返すことでカバー部分が疲労し破損するのではという不安がありました。
iPhoneも最近のNexusみたいにQiに対応すればいいのに・・・。

させました。


Qi規格対応のiPhone5アンテナパッチなるものがAmazonにあったので飛びつきました。
見た感じ厚さもそれほどなく、これならケースに収まるかも・・。

こんな感じ。お、収まりそう。
完全にカバーを閉じても無理している感じもなく、問題なさそうです。

充電も出来てます。これでLightningケーブルを繋ぐ必要がなくなった。
というか、逆に言えばこれでケーブルを繋げようと思っても簡単には繋ぐことが出来なくなります(^^;


さて、この手のやや実験的な製品はある程度使ってみないとわからない部分があります。
実はこの製品は1か月前に購入し、使ってます。1か月間使った感想を以下に書きます。
  • 充電はQi充電パッドに置くだけなので、日常の充電は確かに楽になった
  • 逆に言えばQi充電器がないと充電ができないので、旅行先等で急に充電が必要な時に困る
  • 充電が98%くらいで止まることがある(ちょっと気持ちが悪いが98%も充電できているので実質困らない)
現在も使えています。旅先では上に書いた通りの不安がありますが、稀なことですし、日常ではメリットしかないので満足しております。

0 件のコメント:

コメントを投稿