2014年12月7日日曜日

OBS Studio for Macで同時配信

Mac用のOBSが登場して結構経つのですが、私の方でも使ってみました。
インストールや設定方法は色んなブログで見かけるので、
今回は複数の配信サイトで同時に配信してみた結果を書いてみようかと思います。


環境
OBS Studio 0.6.4
MacBookAir(13-inch, Mid 2012) Yosemite



通常OBSは複数の起動はできませんが、ターミナルからopenコマンドを使って起動させると複数起動ができます。
Mac OSXに詳しい人、NeXTSTEPを使っていたオッサンにはお馴染みのopenコマンドです。
open -n /Applications/obs.app
こんな感じですね。
Windows版と違って個々に設定ファイルを持てないので、毎回各サービス毎に設定しなくちゃいけなかったりして面倒くさいです。

あと当たり前ですが、ビデオキャプチャ機器を使う場合はCamTwistなど仮想映像デバイスを通さないとリソース不足で使えません。

今回ニコニコ生放送とTwitchで配信してみました。
出来たことには出来たのですが、やはり私の環境(MacBookAir Mid 2012)ではスペック不足でカクカクでした。
最近のCore i7なやつだともっといい感じに動くのかもしれませんね。

普段はここで色々やってます。

1 件のコメント:

  1. 最新のFlash Player(20.0.0.267)だとNLEではコメジェネが動かないそうです(でも自分では試していません)。
    自分はWindows10 32bit CORE i5 Pro NEC のスペックのパソコンでコメビュはアンコちゃんで
    OBS(v0.657b)でコメジェネアニメスキンを使っているのですが全てのブラウザ(もちろんEdgeも)で試しましたが全く問題ありませんでした。
    貴殿には感謝しております。

    返信削除