2015年3月3日火曜日

Mac PortsをアンインストールしてHomebrewにした

前にMac Ports使ってffmpegをインストールしたよ。って記事を書いたけれど、
Mac Portsでは新しいバージョンが来るのが遅いのでHomebrewに移行したよって話。

ほとんど下記を参考にしました。


mac ports削除
% sudo /opt/local/bin/port -fp uninstall installed
% sudo rm -rf \
    /opt/local \
    /Applications/DarwinPorts \
    /Applications/MacPorts \
    /Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
    /Library/Tcl/darwinports1.0 \
    /Library/Tcl/macports1.0 \
    ~/.macports

brewインストール
% ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


ffmpegをインストールしてみる

ffmpegをインストールする前の準備
% brew install x264 x265 libvo-aacenc faac fdk-aac lame xvid yasm sdl \
  openjpg theora libtool speex rtmpdump libvorbis libvpx opencore-amr freetype

ffmpegを入れる際のコマンドや必要なライブラリのインストール状況が確認できる
% brew info ffmpeg

ffmpegインストール例
% brew install ffmpeg \
  --without-shared --with-static --with-faac --with-fdk-aac \
  --with-freetype --with-qtkit --with-xvid \
  --with-rtmpdump --with-libvorbis --with-openjpeg \
  --with-speex --with-theora --with-x265 --with-x264 \
  --with-lame --with-libvo-aacenc


ついでにobs-studioもビルドしてみた
% brew install qt5

% git clone https://github.com/jp9000/obs-studio.git
% cd obs-studio
% git submodule init && git submodule update
% mkdir build
% cd build
% cmake .. -DCMAKE_PREFIX_PATH=/usr/local/Cellar/qt5/5.4.0 && make
% make package

そんだけ

0 件のコメント:

コメントを投稿