2016年3月12日土曜日

OBS Studioをポータブルモードで動かす

去年(2015年)の7月からPortableで起動することができますっていう話。
OBS Studioの設定情報はユーザディレクトリに保存されます。
 Windowsなら 「%AppData%/obs-studio」
 Macなら 「~/Library/Application Support/obs-studio」
しかし、Portableモードで起動させると設定情報はOBS Studioのディレクトリに保存されます。なので、OBS StudioをUSBメモリとかに入れてPortableモードで動かすようにしておけば、設定情報ごと持ち運びができるぜって機能です。

起動方法は実行ファイルに -p というオプションをつけるだけです。
 Windowsなら 32bitは「obs32.exe -p」64bitは「obs64.exe -p」
 Macなら 「open OBS.app/Contents/MacOS/obs -p」「open OBS.app --args -p」
 (2016/03/25追記 --argsでオプション付きで実行できるの知りませんでした)



Macでの簡単な方法を以下に書いておきます。

1 ダウンロードページにあるobs-portable.zipをダウンロード、展開する

2 適当にフォルダ作ってOBS Studioと1で展開したobs-portableスクリプトを入れる

3 obs-portableスクリプトをダブルクリックすればPortableモードで起動します

0 件のコメント:

コメントを投稿