このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年1月27日木曜日

歴史ハ改竄ヲ赦サナイ…


Sound Horizonの「Chronicle 2nd」なるCDを買ってきた。
メジャーなCDでなく、いわゆる同人作品のCDなので、普通のCDショップでは売っていない。
この後に出た「Elysion~楽園への前奏曲~」というのはめでたくメジャーデビューしたCDで、全国のCDショップに売られています。
さて、Sound Horizonとはどういうアーティストかというと、幻想物語音楽を作り出す幻想楽団。
奥の深いストーリーと臨場感あるサウンド、これを耳にすると目にせずとも物語が脳に描かれる。
それが幻想物語音楽ってところだろうか。
わかりにくいかもしれないが、これは聴いてもらうしか説明がつかない。
ドラマCDでもないし、ミュージカルでもオペラでもない。それに近いようで、そうでないものだ。

さて、これを知ったのはとあるホームページ(どこかもう忘れてしまった)の紹介。
Sound Horizonのホームページでの視聴がきっかけだ。
前述したように「Elysion~楽園への前奏曲~」というメジャー盤が出ているが、私はそちらよりもこの「Chronicle 2nd」をお勧めする。
これは個人的な感想だが、「Elysion」はいろんな詩を抜粋して集めた感じで、「Chronicle 2nd」の方が物語が充実している。
その中で私のお勧めは「聖戦と死神」
第一楽章~第四楽章まである物語で全部で15分にもなる。
中世ヨーロッパの歴史好きにはたまらない内容かもしれない。
(私は歴史好きではないのですけどね。)
Sound Horizon


話し変わって・・・

今更FF-X2を始めてみた。
開始30秒でユウナが踊り・歌う所を見て止めたくなった。
開始4分、少しほっとしてゲームをする気になる。
開始10分、ドレスアップなどいろんな演出に呆れてやる気がなくなる。
あーどうしよう。