Google ChromeでFlashがクラッシュ

先日、Google Chromeを使ってニコニコ生放送を配信しようとしたら、
Google ChromeのFlashがクラッシュしてしまいました。
放送ツールが動かないので超焦りましたよ。
何が原因でこうなったのかわからないんですけどね、思い当たるのは色々あります。
  • Flash Playerのアップデート
  • Webカメラのインストール
  • 仮想Webカメラとして働くソフト(SCFHやManyCam、XSplitなど)のインストール
 一応解決方法がわかったので、それを書いておきます。


ごちゃごちゃ書きますが、結論どうしたのかは一番下に書いてます。
結論を見たい人は下までスクロールしちゃって下さい。

たぶん
Flash Playerのカメラ設定がおかしくなったのだと思う。
だって、普通にそこら辺のFlashコンテンツを右クリック → 設定で、
カメラの設定を開こうとしただけでクラッシュするんだもの。


Flash Playerをダウングレードしてみる
だって前は動いてたんだもの。
ということで、Flash Playerのアンインストーラーを使ってアンインストール
スタンドアロンインストーラーを使って過去のバージョンをインストール


しかしそれではダウングレードできない
さっきの方法を使うことでIEやFirefoxのFlash Playerプラグインはダウングレードできたけど、
Google ChromeのFlash Playerアドオンはダウングレードできない。
どうやらGoogle ChromeはFlash Playerを内蔵しているブラウザのようで、
上記のアンインストーラーでアンインストールしたりインストールはできないようです。


Google ChromeのFlash Playerって?
具体的にはいえば gcswf32.dll というDLLのようです。
私の環境の場合、
C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\11.0.696.77\gcswf32.dll
にありました。 私は64bitだからこのパスですけど、32bitの人はProgram Filesにあると思います。


FirefoxなんかでのFlash Playerではクラッシュしない
FirefoxでFlashコンテンツを表示させて、右クリック → 設定 → カメラ
とやってもクラッシュしませんでした。Google ChromeのFlash Playerと同じバージョンにしてもです。
ちなみにFlash PlayerのファイルはNPSWF32.dllというDLLです。
私の環境の場合、
C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\NPSWF32.dll
 にありました。私は64bitだからこのパスですけど、32bitの人はsystem32にあると思います。


やったこと
やっと本題です。次の方法で解決しました。
  1. 通常のFlash Playerプラグイン(NPSWF32.dll)をGoogle Chromeのフォルダにコピー
  2. Google ChromeのFlash Playerアドオン(gcswf32.dll)をリネーム or 削除
  3. コピーしたNPSWF32.dllをgcswf32.dllにリネーム
  4. Google Chromeを再起動
以上です。ぶっちゃけFlash Playerのダウングレードとかしなくてよかったみたいです。

気になるニュース