OBS Studioをポータブルモードで動かす

 去年(2015年)の7月からPortableで起動することができますっていう話。
 OBS Studioの設定情報はユーザディレクトリに保存されます。
  Windowsなら 「%AppData%/obs-studio」
  Macなら 「~/Library/Application Support/obs-studio」
 しかし、Portableモードで起動させると設定情報はOBS Studioのディレクトリに保存されます。なので、OBS StudioをUSBメモリとかに入れてPortableモードで動かすようにしておけば、設定情報ごと持ち運びができるぜって機能です。

起動方法は実行ファイルに -p というオプションをつけるだけです。
 Windowsなら 32bitは「obs32.exe -p」64bitは「obs64.exe -p」
 Macなら次のコマンドを実行。

 アプリの名前に「Portable Mode」がつく


気になるニュース