このエントリーをはてなブックマークに追加

OBS(mac) 0.はじめに

 戻る

2021.10.21作成 2022.1.5更新

OBSとは

Open Broadcaster Softwareは、OBS Projectが開発しているストリーミングライブ配信及び録画ソフトウェアである。
当初はWindows向けソフトウェアとして開発および配布されていたが、2014年にOBS Multiplatformとして別ソフトが開発された。Windowsの他、macOSやLinuxにも対応する。
その後、当初のOpen Broadcaster Softwareは「OBS Classic」、OBS Multiplatformは「OBS Studio」という名前へ変わり、OBS Classicは現在サポート終了している。
ここではmacOSにも対応しているOBS Studio(以後 OBS)を紹介する。
なお、OBSには派生ソフトとしてStreamlabs OBSなどがあるが、それらは紹介しない。

macOSでライブ配信は可能?

  
👌もちろん可能だが、Intelプロセッサ搭載のMacではオススメしない。M1などのApple Siliconプロセッサ搭載のMacをオススメする。
 Intelプロセッサ搭載のMacではパフォーマンスが低く、熱を持ちファンがうるさいほど回る。とても配信向きではない。内蔵ハードウェアエンコーダの品質もよくない。  
 既にIntelなMacを持っている人には申し訳ないが、Apple Silicon搭載のMacを買うか(一番安いM1 Mac Airでも十分)、WindowsのPCを買った方がいい。

macOS版ではWindows版と違って出来ること出来ないことがある 

  
というのは知っておいた方がいい。
 2021年現在、OBSはWindowsユーザーが多い。ネットの情報もWindowsユーザー向けの情報が多いため、これを聞いた&見た&読んだ情報どおりに設定したのに、そのとおり出来ないこともある。
 その結果「何で何で」とストレスを感じたり、無駄な時間を費やす前に知っておいた方がいいこともある。

macOS版では出来ない事

  • デスクトップ音声の意味がWindowsと異なる
    Windows
    音声出力デバイスを選択する場所

    macOS
    仮想オーディオデバイスを選択する場所


  • ウインドウキャプチャが滑らかにキャプチャできない
    画面キャプチャなら滑らかにキャプチャできるが、ウインドウキャプチャは30fpsくらいでしかキャプチャできない。これは27.2で改善予定らしい。

  • ウインドウキャプチャでマウスカーソル表示が出来ない
    個人的にはmacOSのAPI不足だと思っている。カーソル画像とウインドウ画像を合成させる手法も考えてPRしたことがあるが、パフォーマンス悪化を理由に採用されない気がする。
    マウスカーソルまでキャプチャするには画面キャプチャを使うしかない。

  • ブラウザソースの対話的インターフェイスで日本語入力ができない

  • PCゲーム画面だけをキャプチャ出来ない
    Windows版でいうゲームキャプチャがない。

  • テキストを縦書き表示にしたり背景色をつけたりできない
    縦書きについてはtext-pangoプラグインを入れることで解決できるが背景色はできない。

  • NVIDIAのGPUを付けていたとしてもNVENCエンコーダーが利用できない
    macOS向けにSDKがないので仕方がない。

  • AMDのGPUを付けていたとしてもAMFエンコーダーが利用できない
    macOS向けにSDKがないので仕方がない。

macOS版だけ出来る事

  • iPhone/iPadをMacにUSB接続すれば、映像キャプチャからiPhone/iPadの映像を取り込むことができる
    今後音の取り込みにも対応する予定があるらしい。

  • Syphonサーバーからの映像を取り込むことができる
    ただしNDIが広まっているのでSyphonは今後より使われなくなると思う。

その他、同じプラグインでもmacOS版とWindows版で機能が違うものもあるが、プラグインについてはここでは省略する。

気になるニュース