2013年3月11日月曜日

携帯ゲーム機の直撮りについて カメラ固定編

久しぶりに更新したと思ったら、相変わらずこのネタです。
今回は携帯ゲーム機でのプレイ動画をカメラで撮る際、どのようにしてカメラを固定させるか。です。

方法を3つほど考えてみました。


方法1 フレキシブルアームクリップ

WiiUのゲームパッドの映像を撮る時にはいいかも。
メリット
  • 手に持って操作できる
  • ジャイロを使ったゲームにも対応
デメリット
  • 割りと重いので、長時間のプレイは辛い
  •  ゲーム機本体が痛みそう

 方法2 三脚

三脚はカメラ用よりも、ICレコーダ用のものを探した方が小さくて使いやすいものが見つかるかも。
 メリット
  • 手に入りやすく、ネット通販で待たずとも近所にも売っている。安価なものも多い
デメリット
  • 固定させたと思っても、三本のいずれかの脚に手が当たったらすぐズレる
  • ここで使う三脚は小さいものなるので、重たいカメラには不向き 
  • ジャイロ操作のゲームは無理

方法3 ブラケット(監視カメラなんかで使うやつ)

私はこの方法でPSVitaを撮ってます。
 メリット
  • 安価。電子パーツ屋に行けば数百円~二千円である
  • 少々大きなカメラでも安定する
デメリット
  • ジャイロ操作のゲームは無理
手先が器用で工作が好きな人は「自分で作る」という手もありますよね。

ここまで読んで、クレードルなんかを固定させる『机』がねーよ。
って思う方がいらっしゃるかもしれません。
その場合の提案ですが、アイロン台なんてどうでしょうか。
ニトリなんかで1000円くらいと安いですし、平で折りたたみも出来る。
後はあなたのプレイスタイルとアイロン台の高さが合うかどうか。だと思いますが。



まとめ:PlayStation Vitaを直撮りしてみる

0 件のコメント:

コメントを投稿