2015年3月20日金曜日

XcodeでCocoa, Swiftを勉強 〜ファイルを開くダイアログを知る〜

とりあえず、それっぽくオブジェクトを配置してみた。
おお、それっぽい。
後はこのオブジェクト達が動くようにプログラムしてやらなければならない。


上にあるffmpegを参照する部分を作ってみることにした。
ファイルを開くダイアログを出して、選んだファイルのパスをTextFieldに入れるイメージ。

ボタンをbtnFFMPEGPath
TextFieldをtxtFFMPEGPathとする。

    @IBAction func btnFFMPEGPath(sender: AnyObject) {
        //ファイルを開くダイアログ
        var FFMPEGdialog = NSOpenPanel()
        FFMPEGdialog.canChooseDirectories = false
        FFMPEGdialog.canChooseFiles = true
        FFMPEGdialog.canCreateDirectories = false
        FFMPEGdialog.allowsMultipleSelection = false
        if FFMPEGdialog.runModal() == NSOKButton {
            //OKボタンで閉じられたら
            var path:String = ""
            var chosenfile = FFMPEGdialog.URL
            if (chosenfile != nil) {
                path = chosenfile!.absoluteString!
                //始めのfile://を消す
                var idx = path.rangeOfString("file://")?.endIndex
                if (idx != nil) {
                    path = path.substringFromIndex(idx!)
                }
                //TextFieldに表示させる
                txtFFMPEGPath.stringValue = path
            }
        } else {
            //OK以外のボタンで閉じられたら
            //今の所なにもしない
        }
    }

0 件のコメント:

コメントを投稿