このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年2月19日土曜日

今週は眠たかった

雨が降る中バイクで走ると体力消耗するんですよ。
そんでもって暖かい室内に長時間いるもんだから眠たくて眠たくて。
加えて最近寝るのが遅いし。

眠気眼をこすりながらも観ましたよ「雲のむこう、約束の場所」
映画を観た人は「ハウルより面白かった!」とか絶賛でした。
私も期待してましたが・・・・。
うーん、この話は正直そんなに好みじゃないね。
話は「ほしのこえ」と似たような感じで心の距離の話かな。
ただ色んな人や社会が加わる面では前作の「ほしのこえ」より面白かった。
ただ90分と尺が短い所為か、話が終わった後に消化不良な感じがした。
ちょっと普通より複雑な世界で難しい言葉が出て、頭の悪い私が理解する前にたんたんと終わったからというのもあるかもしれない。
ちなみに私は2002年に公開された同作のパイロット版で感動したクチですが、本編は思ったより静かでした。
退屈に思う人も少なくないかも。
映像は文句なし。さすが新海誠!といわんばかりの綺麗さ。背景なんかまさに芸術ですよ。これがアニメーションするんだからすばらしい。
キャラクターデザインは今回、新海監督本人でなく田澤潮という人(ただし主役三人の初期デザインは新海氏)こっちの方がいい(^^;
音楽は「ほしのこえ」同様、天門氏。新海作品にはなくてはならんでしょう(宮崎監督+久石譲って感じに)
毎度音楽はいい感じですが、どうも歌は好きになれません。
このDVDにはブックレットが付いてました。映画のパンフレットのようなものですかね。
アニメーションクリエイターならかなり参考になるものが書かれていると思うんで、買ったほうがいいですよ。

買って良かった、悪かったかと言えば「良かった」です。