このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年9月15日水曜日

マルチチャンネルオーディオ(5.1ch音声とか)をキャプチャする

 


 すごい今更な話。
 ゲームとか5.1ch以上のものが当たり前になっている世の中。臨場感溢れる世界は美麗な映像だけじゃなく、マルチチャンネルな音声があって実現できる部分もある。これそのまま録画したいって思うじゃないですか。ということでやってみた。
 

用意したもの

  • マルチチャンネルオーディオ入力に対応したキャプチャー機器
 今回はBlackmagic Desiginの「DeckLink Mini Recorder 4K」で試してみた。「DeckLink Quad HDMI Recorder」とか他の製品でもできることを確認している。

付属ソフトで録画してみる

 DeckLinkに付属されているソフト、Media Expressで録画してみた。
 当然複数チャンネル認識され、録画できた。(右下のオーディオメーター)


OBSで録画してみる

 今回使ったキャプチャーボードはBlackmagic Desiginの製品なので、入力ソースから「Blackmagic Device」を選択して設定していく。
 今回の場合Channelを「5.1」に設定。あと何故かデフォルトでFCとLFEが入れ替えわっているので(製品によるのかな?)「FCとLFEを入れ替え」にチェックを入れる。



 OBSのChannelsで5.1を設定する。録画の話なのでこの設定をしてもいいのですが、配信をする際には(配信サービス側が対応してないので)ステレオに直さないと不具合が起こる可能性があるので注意。

 はい、見事マルチチャンネルで音が認識された。録画ボタンを押して録画する。
 今回録画フォーマットに設定したのはMatroska(mkv)。別にmp4でもmovでもいいと思う。


動画編集ソフトで確認してみる

 使ったのは動画編集ソフトは「Blackmagic Design DaVinci Resolve」
 録画したMKVファイルをそのままつっこんだ。
 ちゃんと6つの音声が録音されている。めでたしめでたし。