2016年3月15日火曜日

f4vからmp4へ再エンコードなしで変換する

なんやかんやでf4v作ってしまったけど、本当はmp4コンテナの方が都合がよかったんだよな〜って思った時、再エンコードをせずmp4に変換するって話です。

ffmpegで変換するのをAutomatorで自動化させます。
Automatorを使う時点でMacの話なんですが、似たようなことはWindowsやLinuxでもできることでしょう。





※ homebrewか何かでffmpegをインストールしていること前提です

Automatorを起動


「サービス」を選択


赤く囲んだ所を編集したり追加したりする
「Finder項目にフィルタを適用」は左メニューの「ファイルとフォルダ」の中にあります。
「シェルスクリプトを実行」は左メニューの「ユーティリティ」の中にあります。
シェルスクリプトの中身は下記の通り
for f in "$@"
do
echo "${f%.*}.mp4"
/usr/local/bin/ffmpeg -i "$f" -vcodec copy -acodec copy "${f%.*}.mp4"
done

一度、右上の [実行] ボタンを押してエラーが出ないことを確認した方がいいと思います。
んで、名前をつけて保存。


そしたら、ムービーファイルを右クリックしたらメニューが追加されています
これを押せば勝手に変換されます
300MBくらいの動画なら3秒くらいで終わると思います



右クリックメニューが追加されてなかったら?
保存したAutomatorファイル(デフォルトはiCloudにある?)をダブルクリックしてインストールボタンを押せばいいと思います。
それでも出なかったら、一度Finderを再起動(ターミナルで killall Finder)させるか、再起動してみてください。


サービスを消したい
このサービスは「~/Library/Services」にあるので、これを消してFinderを再起動(ターミナルで killall Finder)させるか、再起動すればいいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿