このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月29日日曜日

macで棒読みちゃんを使う

前置き
最新のmacOSではゆっくろいどが使えないんで、生放送とかでゆっくりボイス(AquesTalk)が使えなくて困ってたんです。
そしたらWine2.0が公開なんて記事を見て、「おお、最近Wineを触ってないけれど進化してんだろーなー。これで棒読みちゃん動かせねーかなー」と思った次第でございます。
WineはUnix系OSでWindowsアプリケーションを動かすプログラムです。
Wine自体も進化しているんですが、それを使ったツールも進化しているようで、今回はその中でも「PlayOnMac」を使って棒読みちゃんを起動させた例を紹介します。
数あるWine系ツールの中でPlayOnMacを選んだ理由は以下の通り。

  • 操作が簡単
  • 日本語化されている(一部されてない部分もある)
  • 新しいWine2.0にも対応
  • 自身のアンインストーラーがある(他はないのが多い)

今回の流れ
XQuartzのインストール

PlayOnMacのインストール

PlayOnMacからWineのインストール

PlayOnMacから動かしたいソフトの手動インストール(ソフトを動かす環境構築)開始

手動インストールの中で. NET Frameworkをインストール

フォルダに棒読みちゃんをコピー

手動インストールの中でMeCabのインストール

手動インストールの中でコピーした棒読みちゃんが使えるように設定

これ見て「えー長いー」って思うかもしれませんが、やることは難しくはないです。

使用するソフト

導入手順
いよいよ説明に入ります。

MeCabと棒読みちゃんをあらかじめダウンロードしておきます。これらは後で使用します。
MeCabはWindows以外の環境で棒読みちゃんを使うために必要なものです。



棒読みちゃんは展開(解凍)しておいてください。

続いてXQuartz。
PlayOnMacはXQuartzなるものを必要とするので、XQuartsをダウンロード&インストールします。



↓ダブルクリックでインストール


次に、PlayOnMacをダウンロード&インストールします。



↓ PlayOnMacをアプリケーションフォルダへコピー


PlayOnMacを起動、すると・・
初回はこんな画面が出ます。

「はい」をクリックすると、初めてWindowsプログラムを実行した時に匿名で次のことが送信されます。
 - グラフィックカードの情報
 - OSのバージョン
 - グラフィックドライバがインストールされているかどうか

内容はこんな感じのことですね。NoでもYesでもどちらでもいいです。判断はこれを見ている人にお任せします。


PlayOnMacを起動したら、まず上のメニューバーを操作します。
[ツール] → [Wineのバージョン管理]



今回は「2.0」を選んで、右側へ追加

すると、Wine2.0のインストールが始まるので [ 次へ] ボタンを押して進める。

インストールが完了すると、下の画像のように、2.0が追加されます。

Wineのインストールが終わったら、今度はPlayOnMacの「インストール」をクリック。

左下の「リストにないプログラムをインストールする」をクリック


すると・・・
こんな表示がでます。利用上の注意みたいな。
Windowsソフトをインストールする時、デフォルトのインストール先は変更しないでください。
ソフトはCドライブにインストールしてください。
Windowsを再起動するか聞かれた時、「はい」と答えてもいいけど、mac側を再起動させる必要はありません。
こんなことが書いてあるんだと思う。

手動インストール作業の開始です。インストールっていうか、動かしたいWindowsソフト(今回でいえば棒読みちゃん)を動かすための環境構築作業って言うほうがあっているかも。

ここは上の「Install a program in a new virtual drive」

今回構築する環境の名前をなんでもいいで入れる

ここは「Use another version of Wine」と「install some libraries」にチェック

ここは「2.0」を選択

こんなのが出たらとりあえずインストール

こんなのが出たらとりあえずインストール


ここは「POL_Install_dotnet30」にチェック。
棒読みちゃんは.NET Framework 2.0以上が必要なので入れるんです。
(.NET Framework 4.0や4.5は何故か私の環境ではインストールできなかった・・)

しばらく待ちます

次へ

同意しちゃう

しばらくまつ

こんなん出たら「いいえ」

次へ

この画面が出たらいったんそのまま。



Finderのメニューから、[移動] → [フォルダへ移動]

次の文字を入力して、「移動」をクリック
~/Library/PlayOnMac/wineprefix

この「BouyomiChan」が、現在絶賛作成中のWindows環境です。
この「BouyomiChan」をダブルクリック。

「drive_c」をダブルクリック

「Program Files」をダブルクリック

この「Program Files」の中に棒読みちゃんをコピーしちゃいましょう。

で、またこっち(PlayOnMac)に戻ります。「参照」をクリックして、

一番最初にダウンロードしたMeCabを選択

MeCabが選ばれていることを確認して「次へ」をクリック

MeCabのインストールが始まります。OKをクリック。

文字が化けてますが、下の図の通りボタンをクリック

SHIFT-JISのままでいいです。

下の図の通り

変更はせずそのままボタンを押す

次へ

次へ

はい

OK

MeCabのインストール完了

作成したWindows環境内にあるプログラムを自動検出してくれて、macから起動しやすいようなショートカットを作ってくれます。
先ほど前もって棒読みちゃんをコピーしておいたので、ここにBouyomiChan.exeが現れます。
ということで、「BouyomiChan.exe」を選択して「次へ」をクリック。

名前はこのまんまでいいんじゃないでしょうか。
次へをクリックするとデスクトップにショートカットが作成されます。

 またこの画面になるので、RemoteTalk.exeも作っておきましょう。
RemoteTalk.exeはコマンドで棒読みちゃんを操作するものです。外部アプリと棒読みちゃんを連携させる時なんかに使います。


またこの画面に戻るので、「キャンセル」クリックでいいです。

そんなこんなで、棒読みちゃんがPlayOnMacから起動できるようになりましたし、デスクトップからも起動できるようにショートカットもできました。


ショートカットといっても、実は普通にアプリケーションファイル(.app)になっているので、アプリケーションフォルダにコピーして、普通にアプリとして動きます。

棒読みちゃんの起動時にこんなエラーが出ますが無視してください。
普通に使うぶんには影響ないかと。
何かライブラリ入れてやればいいのかもしれませんが、まぁ使えるからいいやって感じで調べてません。

RemoteTalkはこんな感じで使えます。ほぼWindowsと同じですね。
 /usr/bin/open /Applications/RemoteTalk.app --args /Talk "コメント"
   もしくは
  /Applications/RemoteTalk.app/Contents/MacOS/playonmac /Talk "コメント"
どちらの方法でも読んでくれますが、前者はRemoteTalkが一瞬Dockに現れるので邪魔臭いかもしれませんね。


0 件のコメント:

コメントを投稿