このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月27日日曜日

ニコニコ実況リニューアルに伴い、録画組の私がやったこと


 これまでFlashを使って作られていたニコニコ実況が、12月16日より「ニコニコチャンネル生放送」の場でリニューアルされた。
 ニコニコ実況はこれまで私をいろいろ楽しませてくれた。例えば天空の城ラピュタの「バルス」のように、決まった文句で祭りのような空気を与えてくれたり、ドラマやアニメで自分が気づかなかった点を知ることができ、その作品を深く楽しめるきっかけも与えてくれた。そういった事もあり、リニューアル後も利用したいと考えていた。
 私はあまりリアルタイムにテレビを見るほうではない。先日書いた録画環境である、Mirakurun + Chinachuで撮った録画ファイルをAmatsukazeに渡して実況付きの動画を視聴している。ニコニコ実況リニューアル後、一部関連ツールの作者はもの凄い勢いで対応を進めていた。本当に尊敬する。そのほとんどは視聴用ツールで、私のような録画向け、ましてはEDCB以外のユーザーに適したものは見つからなかった。
 しかし、ニコニコ実況 過去ログ APIが対応してくれた。



ようやく本題

 ニコニコ実況 過去ログ APIがリニューアル後の過去ログもひっぱれるようにしてくれた。
 私はこれまでAmatsukazeで録画動画の変換及び、実況コメントを取得していた。これを次のように変えることにした。
  • Amatsukazeで実況を取得するためにNicoJK18サーバからコメントを取得する機能を使っていた。
  • NicoJK18サーバからコメントを取得するのはNicoJK18Client.exeが使われていたようだった。
  • NicoJK18サーバではなくニコニコ実況 過去ログ APIからコメントを取得するNicoJK18Client.exeを作り、実行ファイルを差し替えた。
 exe_filesフォルダ内のNicoJK18Client.exeと作ったNicoJK18Client.exeを入れ替えただけの話ですな。
 単純な事なので他の人がもっと上手いことやっているかもしれないけど。
 2020/12/24から始めたが、今のところ上手くいってる。リニューアル後になくなったBSチャンネル以外も取得できているのが驚きだったし、とても有難い。
 これでどうやら実況を見ながら録画した番組を見る生活が続けられそうだ。

 作ったNicoJK18Client.exeはここにあげとります。他の人の環境で動くかどうか分からんけど。

と思ったらNicoJKLogCMDが対応したようです

  1. NicoConvAssNicoJKLogCMDをダウンロードして適当な場所に展開。
  2. NicoConvAssのNicoConvAss_default.iniをNicoConvAss.iniにリネーム。
  3. NicoConvAssのNicoConvAss.iniを開いて「NicoJKLogCMD_path = 」にNicoJKLogCMD.exeのパスを書く。
  4. NicoJKLogCMDのNicoJKLogCMD.iniを開いて「log_Nico_TVRemotePlus_URL = 」にニコニコ実況 過去ログ APIを書く。例の通りでok。
  5. Amatsukazeの基本設定でNicoConvAssパスを書く。

 これでAmatsukazeか実況取得時にNicoConvAssを呼び出し、NicoConvAssがNicoJKLogCMDを使ってコニコ実況 過去ログ APIからコメントを取ってくるようだ。
 NicoConvAssを使ったことがなかったから知らなかったけど、NicoConvAssは拡張子tsのファイルしか指定できないんですね。Chinachuで録画したファイルはm2tsにしてたので、今度から拡張子をtsにして保存するように変更しよう。