このエントリーをはてなブックマークに追加

M1 Macでobs-ndiを使えるようにする

 obs-ndiはOBSの映像ソースにNDIの映像を追加できるプラグイン。
 今までobs-ndiのリリースページに書いてあるとおり、macOSでもobs-ndiとNDI 4.5.1 macOS runtimeを入れることにより利用できていたのだが、2021/1/12現在、M1 Macでは "そのままの状態では" 利用できない。
 IntelのOBS+x86_64のobs-ndiであればM1 Macでも使えました。



 


Apple Silicon(ARM64)アーキテクチャのobs-ndiを使う場合

Apple M1プロセッサでApple Silicon(ARM64)のOBSを使う場合は以下のとおり

 libndi.4.dylibというライブラリが必要だが、NDI5が登場後、手に入らない。
NDI Toolsに入っているlibndi_advanced.dylibが互換性があるのでこれを利用する。

libndi.4.dylibを差し替える



 別のPC(Windows)からNDIで送った映像をNDI Sourceで受けることができたし、NDI OutputでPCに送ることができた。

私はNDIを普段使わない機能なのでちゃんと動作確認してないけど、NDIが必要で困っている人は試してみてはどうだろうか。



気になるニュース