このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年1月12日火曜日

M1 Macでobs-ndiを使えるようにする

 obs-ndiはOBSの映像ソースにNDIの映像を追加できるプラグイン。
 今までobs-ndiのリリースページに書いてあるとおり、macOSでもobs-ndiとNDI 4.5.1 macOS runtimeを入れることにより利用できていたのだが、2021/1/12現在、M1 Macでは "そのままの状態では" 利用できない。
 NDIが使いたくても使えないもんだから困った人も多いようだ。


実はM1 Macでも簡単に利用できるようになる方法がある(※)。
今のところM1 Macで動作可能なのはIntel x86_64版のOBSに限る。Apple ARM64版のOBSは今のところできない。(2021年3月7日追記)NDI SDK 4.6.2 に arm64対応ライブラリが入っているので、それを使うことで動作する。
 

前提

次のソフトが入っていること
  • OBS
  • obs-ndi
  • NDI 4.5.1
    (Intelアーキテクチャのobs-ndiを使う場合はNDI 4.5.1でもいいけど、ARM64アーキテクチャのobs-ndiを使う場合は4.6.2以降が必要)

Intelアーキテクチャのobs-ndiを使う場合

Intelプロセッサまたは、Apple M1プロセッサでIntelアーキテクチャのOBSを使う場合は以下のとおり

NDI Tools for Macをダウンロード

 NDI Toolsのページにアクセスして「DOWNLOAD」ボタンをクリック。
 名前やEメールアドレスなどを入力する必要がある。
 後ほどダウンロードリンクがメールで送られてくる。

NewTek NDI Video Monitorをインストール

 ダウンロードしたNDI Toolsのdmgを開くと、いくつかパッケージがでてくるので、NewTekNDIVideoMonitor.pkgをダブルクリックしてインストールする。

libndi.4.dylibを差し替える

 どうやらNDI 4.5.1 macOS runtimeインストール時に入るlibndi.4.dylibが機能しないのが原因で、先ほどインストールしたNDIVideoMonitorの中にあるlibndi.4.dylibは大丈夫みたいなので、これを使うようにする。
 ターミナルから次コマンドを実行。



Apple Silicon(ARM64)アーキテクチャのobs-ndiを使う場合

Apple M1プロセッサでApple Silicon(ARM64)のOBSを使う場合は以下のとおり

NDI SDKをダウンロード

 NDI SDKのページにアクセスしてSoftware Developer Kitの「DOWNLOAD」ボタンをクリック。
 名前やEメールアドレスなどを入力する必要がある。
 後ほどダウンロードリンクがメールで送られてくる。

NDI SDKをインストール

 ダウンロードしたInstallNDISDK_v4_Apple.pkgをダブルクリックしてインストールする。

libndi.4.dylibを差し替える

 NDI SDK 4.6.2以降のlibndi.4.dylibはarm64に対応しているのでこれを使うようにする。
 ターミナルから次コマンドを実行。

 別のPC(Windows)からNDIで送った映像をNDI Sourceで受けることができたし、NDI OutputでPCに送ることができた。

私はNDIを普段使わない機能なのでちゃんと動作確認してないけど、NDIが必要で困っている人は試してみてはどうだろうか。