このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年1月12日火曜日

M1 Macでobs-ndiを使えるようにする

 obs-ndiはOBSの映像ソースにNDIの映像を追加できるプラグイン。
 今までobs-ndiのリリースページに書いてあるとおり、macOSでもobs-ndiとNDI 4.5.1 macOS runtimeを入れることにより利用できていたのだが、2021/1/12現在、M1 Macでは利用できない。
 Elgato Game Capture HD60 SなどMac対応HDMIキャプチャ機器の中には、OBSで使う為にobs-ndiが必要なものもあるらしい。これが使えないもんだから困った人も多いようだ。


実は簡単に利用できるようになる方法がある。

 

前提

次のソフトが入っていること
  • OBS
  • obs-ndi
  • NDI 4.5.1 macOS runtime(無くていいかも)

NDI Tools for Macをダウンロード

 NDI Toolsのページにアクセスして「DOWNLOAD」ボタンをクリック。
 名前やEメールアドレスなどを入力する必要がある。
 後ほどダウンロードリンクがメールで送られてくる。

NewTek NDI Video Monitorをインストール

 ダウンロードしたNDI Toolsのdmgを開くと、いくつかパッケージがでてくるので、NewTekNDIVideoMonitor.pkgをダブルクリックしてインストールする。

libndi.4.dylibを差し替える

 どうやらNDI 4.5.1 macOS runtimeインストール時に入るlibndi.4.dylibが機能しないのが原因で、先ほどインストールしたNDIVideoMonitorの中にあるlibndi.4.dylibは大丈夫みたいなので、これを使うようにする。
 ターミナルから次コマンドを実行。


 別のPC(Windows)からNDIで送った映像をNDI Sourceで受けることができたし、NDI OutputでPCに送ることができた。

私はNDIを普段使わない機能なのでちゃんと動作確認してないけど、NDIが必要で困っている人は試してみてはどうだろうか。