AJA KONA HDMIを試してみた

 AJA Video SystemsのKONA HDMIが家に来ました。
 HDMI 入力 × 4、4K/UltraHD 60pでキャプチャーできるやつです。(最大で1チャンネル)


 これをMac mini(M1, 2020)で動かしてみました。

 
 ちなみに私は映像系の人間ではないのでそこまで詳しく検証はしてません。

見た目

 本体はこれ(写真左)。似たような仕様のBlackmagic Design DeckLink Quad HDMI Recorder(写真右)も並べて見たいよねーと思い、並べてみた。
 ちなみに値段はKONA HDMIが13万円で、DeckLink Quad HDMI Recorderが6万5千円と倍違う。


動作音

 ファンがうるさい。何dBか計測してないけどうるさい。Design DeckLink Quad HDMI Recorderよりうるさい。

付属ソフト

 キャプチャした映像音声を録画することができるAJA Control Roomというソフト。(画像左)
 映像の入力状態の確認や設定、ファームウェアの更新ができるAJA ControlPanelというソフト(画像右)というのがあります。


OBSでの動作確認

 結論からいうと現在(2021.10.3)はOBSで上手いこと動きません。

 方法1 映像は映像キャプチャデバイスから、音声は音声入力キャプチャから入力する場合
 結果 映像は4Kでも上手いことキャプチャできるけど、音声がダメ。


 結果 映像は4Kでも上手いことキャプチャできる。ただしソースがUHDp59.94 RGBの場合は次の画像のように色がおかしくなる。あと音のチャンネル配置がおかしい。


 RGBじゃなくてYUVなら正常に色が出る。音はダメだけど。でもこれはKONA HDMIだからで、KONA4とかなら大丈夫かも




ということでOBSを使う場合は引き続きDeckLinkを使おうと思います。

気になるニュース